川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

感覚の変化

 

毎日その子の声を聞くようになって、

 

自分の中でこの仕事に対する感覚が変わってきたことに気づく。

 

毎日、僕の耳に直接届く声。

 

気分や体調の変化も分かる。

 

そして二次関数的な成長。

 

そのワクワク感。

 

一方的に、なのかもしれないが

 

その子に対する距離がガンガン近くなっているように感じる。

 

極端に言えば、「我が子に近い」

 

そんな感覚。

 

提出の状況、時間帯、音読のタイム、内容の精度

 

そういったものから伝わってくる授業への取り組み姿勢。

 

なぜ学力が高いのか、低いのか。

 

なぜ意欲が高いのか、低いのか。

 

なぜ意志が高いのか、低いのか。

 

そういったものが、数ヶ月前とは比べものならないくらい分かるようになってきた。

 

 

 

生徒は家で勉強しないもの。だから、塾の滞在時間をなるべく多くしてきた。

 

それはそれで効果があった。

 

しかし、コロナの影響でオンラインでの繋がりが太くなり、多岐に渡り、細かくなった。

 

要は、電脳空間的な距離が近くなったわけだ。

 

であれば、勉強する環境は塾だけ、という仕組みも古くなるのではないか。

 

宿題の提出は、次の授業の時!じゃなくて、

 

終わったら画像送信。

 

これでよいのではないか。

 

まるで家庭学習において、「終わったら持ってきてー。⭕️つけするから」

 

そんな感覚に近づけるんじゃないだろうか。

 

そしたら、その子の学力はもっともっと上がるんじゃないだろうか。

 

今、僕の中で

 

やりたいこと

 

やれること

 

やるべきこと

 

やらなければならないこと

 

やったほうがいいこと

 

やってあげたいこと

 

そういうものがぐちゃぐちゃになっている。

 

これまでの経験がリセットされるくらいに。

 

さてさて

 

今日も「もにょ」が止まらないさ。

 

楽しい1日の始まりである。