川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

学問のすゝめ

 

プレと小4は、毎日音読の課題を「学問のすゝめ」とした。

 

これにフォニックスをプラスして。

 

 

作らず
されば
万人

貴賤
上下
差別
万物の霊
天地
よろずの物
衣食住
自由自在
互いに
妨げ
なさず
おのおの
安楽に
渡らしめ給う
趣意
されども
見渡す
かしこき
おろかなる
貧しき
富める
貴人
下人
有様
雲と泥との相違→雲泥の差
なんぞや
次第
はなはだ
明らか
なり
学ばざれば

愚人
賢人

 

 

毎日毎日音読することで、これらの言葉が小1から小4の松江っ子達に染み込んでいく。

 

これまでの流れからして、何日目かには誦じてしまう子がいるだろう。

 

 

こんな感じで、松江塾は毎日毎日塾生全員が音読をして、その音源を僕にLINE提出。

 

僕は全部聞いてコメント返信。

 

これを365日続けていく。

 

大変?

 

ええ、大変。

 

 

とても大変。

 

 

めちゃくちゃ大変。

 

 

だから、松江っ子が「大」きく「変」わるんだ。

 

 

僕には講師として大した才能もないし、

 

 

大手塾で培うようなノウハウもない。

 

 

だからこうやって地道にやるしかないのだ。

 

 

でも、それで松江っ子が伸びるのなら

 

 

それで良いではないか。