川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

プレスクールブログ

 

暑いですー。


ここのところ、急に暑いですー。


年齢の割に早い更年期でしょうか?( ; ; )


最近 体温調整が上手くできず余計に辛いです。m(._.)m

 

この暑さの中、学校に行っている子どもたち 心配になりますね。

 

水筒でもペットボトルでも、お茶でもジュースでも好きなもので大丈夫です。


プレの時間にも飲み物をご持参くださいね。

 

昨日は久しぶりに、[答えが沢山あるクイズ]をやりました。


講師考案のクイズですが、答えは一つではなく沢山あるよ!というものです。

 

2+3=5の様な問題は得意な子どもたちですが


5=○+○の様な問題は比較的苦手な子が多いです。

 

そこで考えたクイズでしたが、時々子どもたちが問題を作ってきてくれることもあります。

 

大人の考えるものは、答えをいくつも思い浮かべることができるよう文章を考えますが、子どもたちの作るものは、容赦なく なかなか難しいものを出題してくれます。


「前回問題提をしてくれたCちゃん、ありがとう〜!じょうずにできていましたよ!」

 

そんな中で、子ども達の頭の柔らかさや、想像力は素晴らしいですね。


中には何十個と考えてしまう子もいます。

 

プリントで問題として解くと、白紙になってしまう子も ゲームの中ではしっかりと考えることができています。

 

この様なことを繰り返しながら、プリントもドンドン進めていって上手くスライドしていければなと思っています。

 

苦手といえば、

 

接続詞
漢数字
長さの単位、重さの単位
時計

 

これらが苦手な子も多々みられます。


あまりにもわからない様子の場合は、(1から10まで教えてあげる時間はなかなか取れないので)様子を見ながらご家庭にお知らせさせてもらっていますが、

 

学年によってまだ大丈夫かな?という時や、ちょっと苦手だな。程度ではご連絡はしていません。


うちの子、何が苦手なんだろう。


と心配になった保護者さま。

 

気になる様でしたら、コッソリお知らせします(^-^)


ご連絡下さい。

 

話変わりまして、

 

ここのところ、チャレンジ問題の返却されないな、、、と感じている方もいると思います。


毎回バタバタと時間がなく、お渡しできずにいるものもあります。

 

標準問題は、毎回沢山解くのでお渡ししていませんが、チャレンジ問題(応用問題)は、持ち帰りましたらどのくらい直しを頑張ったのか、是非目を通してもらえたらと思います。(真っ黒もしくは真っ赤になるほど、繰り返し直しを頑張ってくれる子もいますので。)

 

土曜日プレもスタートし、水曜日の人数も少し減り、落ち着きを取り戻してきたようです。


見違えるほど、本当にしっかりと授業を受けられる様になった3年生のS君。


姿勢良く、おしゃべりもせず、しっかりと前を向いて着席する姿に、本当に感心しています。(涙出ちゃいそうです(T ^ T))

 

音読の宿題も頑張ってくれているので、グッと成長するのがとても楽しみです。

 

先日、脳科学者の茂木健一郎さんの本を読みました。


脳が機嫌良く過ごせる方法が沢山書いてありました。


その中にもやはり、音読やメモを取るということはとても良いと書かれていました。(また、この内容だけ別に書きますね)

 

プレ世代の親であったころの自分に教えてあげたい、、、と悔やまれます(真島先生が毎日毎日音読させていた理由が今なら分かります)

 

忙しい日々の中で、宿題のお手伝いをいただきありがとうございます。


中にはとても楽しみに、学校から走って帰宅するお子様も沢山いるようですね。


楽しみながら取り組めたら尚良しです。

 

続けて一緒に頑張りましょう!