川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

そこに世界は2つあった

 

浦和高校の歓マラ

 

僕ら夫婦は当然のように見に行った。

 

あれはゲラおが高1の時だった。

 

ゲラおは友達と電車で現地に向かったが

 

僕ら夫婦はスタートに間に合うように車で向かった。

 

川越からは高速を使えば40分くらいだからね。

 

そして森林公園の駐車場に着き、入場ゲートに向かって歩いていると

 

そこに数台の大型バスが到着した。

 

見ると中には制服を着た女子中学生達。

 

バスのフロント上部を見ると

 

あの都内女子御三家の学校名が書いてあるではないか!

 

 

中学受験を勝ち抜き、名門ハイスペック中学に通うお嬢様達が

 

ゾロゾロとバスから降りてくる。

 

 

浦高生達が森林公園駅から黙々と歩いている時に

 

お嬢様達は「大型バス」で御移動である。

 

 

 

 

さて

 

そんなお嬢様達を横目に僕らは浦高生達が集まる「スタート地点」に向かう。

 

続々と到着する浦高生達は

 

リュックから体育着を取り出し、丘の斜面で着替えている。

 

高校生男子約1000人が

 

青空の下で生着替え♫

 

こんな姿、あのお嬢様達には見せられまい笑

 

 

 

 

その後、斜面に広がった浦高生達は

 

全員揃って腕立て伏せ

 

これから走るのに、何故か謎の腕立て伏せである。

 

体育教師の声と笛に合わせて

 

腕立て伏せ♫

 

 

僕はこの時見逃さなかった。

 

その丘と少し離れたところに

 

あのお嬢様達の数人が「お散策」しているではないか!

 

 

清楚な制服に、日焼け防止のための白い「お帽子」をかぶって。

 

 

あの半径数百メートルの中に

 

腕立て伏せをする短すぎる短パン男子1000人と

 

「お散策」をなさるお嬢様数十?数百?人。

 

が共存していたのだ。

 

 

浦高生達はその後スタートをし、

 

僕らはそのまま森林公園内の散策に行った。

 

 

そこかしこに「お嬢様」達がいて

 

引率の先生達と

 

「うふふ」

 

「あはは」

 

爽やかな笑顔と共に、「お先生」達の植物解説が聞こえて来る。

 

 

浦高生は?と見ると

 

坂を上がって来る姿が見える。

 

顔は苦痛に歪み、激しい息遣いの音まで聞こえて来る…。

 

 

題名にも書いたように、

 

明らかにそこに世界は「2つ」あった。

 

 

 

 

「浦高の漢達」

 

「御三家のお嬢様達」

 

 

 

 

おそらくあの子達はゲラおの2歳くらい下だ。

 

 

来年、あのお嬢様達の何人かは一橋大学に入学してくるだろう。

 

 

 

あの時、2つの世界はとんでも無く遠いところにあったはず。

 

 

しかし

 

それらはどこかで交差するかもしれない。

 

 

 

あの日のように、ね。