川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

プレスクールブログ

 


先日、とある塾の前の看板広告に度肝を抜かれました。

 

「川高、川女
・・・ ・・・
・・・ ・・・
合格者○○名!」←三桁に近い数

 

え、、、すごっ。(*≧д≦)

 

と思った訳ですが、冷静に考えてまずこの教室の中に上位だけで○○名もの人数が通えるわけないよね。あはっ、、。

 

と思ったのも束の間、


いやいやいや


埼玉県の他の教室全部で30校あるとしても、それでも多くない?!

 

え、、、すごっっ。(*0ω0从*)

 

と1人看板の前でキョドキョドしていたのですが。

 

指摘されやっと気がついたこと

 

川高、川女の下になんか小さい文字でゴニョゴニョ書いてあるではないですか。 

 

よくよく見たら、偏差値で言うところの真ん中くらいの学校まで書かれていたのです。

 

文字のトリックって、ハマると自分でなかなか抜けられないものですよね。

 

一度わかってしまえば、似たような看板や広告には惑わされなくなりました(*´艸`*)


それとは反対に、プレのお子さまたちの中には

算数の文章題と向き合うと、そこにある数は全て使うものという思い込みから抜け出せない子が多くいます。

 

例えば簡単にいうと

 

たけしくんは、飴を8個持っています。
昨日お兄ちゃんに2個あげ、今日お父さんから、5個もらいました。そのあとお母さんにガムを3個もらいました。

飴は全部で何個でしょう?

 

という問題では、ガムの3個という数字が気になって何故か解けなくなってしまうということが起こります。

 

広告にキョドキョドした私が言うのもなんですが、情報をしっかりと読み取るチカラをつけるためにチャレンジ(応用問題)の時間にはこの様な問題の発展系に挑戦してもらっています。

 

今回、ドリルをご家庭の学習用に配布する代わりにプリントをお配りするとご連絡しましたが、

 

この様な問題ができるようになるために、基本と発展の丁度真ん中くらいのレベルのプリントを準備することにしました。←ただ今問題選びから頑張っております!

 

そしてもう一点気になることが。


現在、ドリルを進め何度も受け取りにくるお子さまは基本的な問題はとうにクリアしている子が多いです。

 

逆に、基本をもう少し頑張って欲しいお子様ほど、自主的に受け取りにくる機会がグッと減ります。

 

基本問題をもう少し頑張って!というお子さまにはドリルをお渡しすると記載しましたが、

 

低学年のうちに基本で躓いてしまうと、どうにも勉強嫌いになり取り返すことが難しくなってしまいます。

 

ですからドリルをお受け取りいただきましたら、是非無理のない範囲で構わないので少しずつ家庭学習の時間を作ってみてください。

 

基本が身についているお子さまには、ドリルですと簡単に解けるものが多く、作業の時間となってしまうかもしれません。

 

今まで通り基礎固めもしながら、プリントの方を取り組んでいただけたらと思います。

 

プリントは、レベル別になっていますので講師の方で学力に合わせてお渡ししていきます。
 
すでにお渡ししたドリルに関しては、漢字と計算以外はご家庭でお使いください。

 

漢字、計算のドリルのみ塾での使用をお願いいたします。

 

早速、明日より使用しますのでお持ち下さい。

 

※ドリルの受け取りまだですー!とご連絡くださった保護者さまありがとうございました。


明日お渡ししますので、ご家庭に持ち帰るか塾に置いておくかお子さまと相談していただけると助かります。