川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

新高1への「圧」はどうしても強くなっていく

 

今朝、新高1の学年LINEに書いたメッセージ。

 

↓  ↓  

 

新高1

 

いよいよ4月が近づいてきた。

 

時間だけは君たちの意思に関係なく、こうして着実に進んでいくのだ。

 

どうだろうか。

 

課題が終わらない者

 

終わっただけの者

 

課題テストに向けて慌てている者

 

すでに完成しつつある者

 

合格発表の時

 

わずか「数点」の中にひしめき合っていた者たちが

 

これまでの数週間で

 

数十点、いや数百点もの「差」が開いた状態になっていること

 

それが明るみに出る日まで

 

あと何日あるだろう。

 

昨日も街にはそんな「その日」を想像すらできない子達が溢れていた。

 

しかし、君達はしっかり「本気の時間」を積み上げ、

 

それをここに報告した。

 

「なんで受験終わったのに勉強?」

 

「なんで春休みなのに勉強?」

 

君達の中には、そんな気持ちはないだろう。

 

当たり前だ。

 

いよいよ本戦目前なのだから!

 

高校入試みたいに、ちっぽけな勝負ではない!

 

ここからのテストは

 

どんな小さな小テストでさえ

 

その重要性は高校入試の何倍もデカい。


一つ一つの結果には

 

「ああ、この点なら君の人生はね…」

 

というメッセージと、確実な方向づけがもたらされるのだから。

 

その重みをしっかりと想像しなさい。

 

さあ

 

土日だ。

 

遊ぶな、とは言わない。

 

しかし

 

高校入試目前の土日に、

 

まさか遊びに行った者はいないだろう。

 

であるならば

 

あの高校入試よりもはるかに確実に自分の人生を大きく左右するテストを目前にして

 

今日の土日

 

どう過ごすべきなのかは

 

言うまでもなく分かるだろう。

 

 

 

↑   ↑

 

 

土曜日の早朝からこんな圧をかけられたら

 

たまったもんじゃない笑

 

 

しかし

 

 

松江塾に身を置いている以上、

 

この圧に耐えないといけない。

 

 

なぜか。

 

 

大学受験という高い壁を

 

その自力で乗り越えるためである。

 

 

 

頑張れ、松江っ子!