川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

なぜ松江っ子は強いのか

 

松江塾は入塾審査はあるが、特にテストというものはない。

 

よほどのことがない限り、入塾可能としているんだ。

 

よほどのこと?

 

ペナテストで正答率が1割とか2割とか。

 

さすがにそれだと厳しいからね。

 

そんな松江塾だから、

 

実は入塾段階では上位の子はそれほど多くはない。

 

 

でも、結果的に多くの塾生がトップ校へと進学していく。

 

その理由はね

 

 

「先の想像ができる話をたくさんする」

 

からかな。

 

 

昨日の記事にも書いたけど、小5にパレートの法則の話をし

 

小6には中学の定期テストの現実を伝えた。

 

中学生になれば、

 

高校での勉強の大変さや大学受験の仕組みも話す。

 

特に中3にはコテコテの現実の話をする。

 

 

多分ね、最初はわけが分からないと思うよ。

 

親に連れられてきた子も多いんだし笑

 

少し学校の勉強が得意になればいいかなー

 

なんて思って席に座ったら、

 

「指定校推薦のキツさ」

 

とかいう話をされるわけだし笑

 

 

 

 

 

 

 

学校や塾の授業の先には定期テストがあって

 

定期テストの蓄積で外部模試があって

 

その先に高校入試という壁が聳え立っていて

 

その壁を越えると異次元の「高校」という世界があり

 

そこでの定期考査、予備校の模試が頻繁に襲ってきて

 

からの大学受験

 

そして

 

その大学を卒業した人たちの平均年収

 

 

 

 

 

そういう話を耳にタコができるくらい聞くことになる。

 

そりゃね、

 

勉強を楽しくやろう!

 

とか

 

定期テスト、頑張ろう!

 

とかね

 

そういう話だけされてる子達に比べたら

 

 

そりゃーそりゃー

 

強くもなるわな笑

 

 

 

情報は武器だ。

 

なるべくリアルな情報を多く手にしたものは

 

しっかりと予測ができて、覚悟を決めて行動ができるんだ。

 

 

 

松江っ子の強さの秘密はそこにあるんだと思う。

 

 

 

特に「高校入学後」

 

 

この現実を知らない人が多すぎるからさ。

 

 

 

ほとんどの人が

 

f:id:goumaji:20210602123709j:image

 

こんな感じを想像してるんだよ。

 

最初の壁が高校受験で、最後の壁が大学受験。

 

なんとなくなだらかに上がっていく中で、途中に受験がある、みたいな。

 

青い点が、今の時点で見えてる部分。

 

でもね

 

現実は

 

f:id:goumaji:20210602123851j:image

 

これだからね。

 

いま、マジで笑

 

 

高校生やその保護者なら

 

もう、首がもげそうになってるはずよ。

 

 

あー

 

 

いや、もうもげてるだろうね笑

 

 

この急角度、後ろから押してくれる力なんて

 

 

仮にあったとしてもほぼ意味ないから。

 

 

やっぱりね、自力で上がっていく力を身につけさせないと。

 

 

マジでマジで。