川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

【現松江塾保護者から見た松江塾のリアル】

●松江塾を知ったきっかけ
 同僚のお子さんが通塾していて紹介いただいた。


私は埼玉県出身ではないので、埼玉県の高校も受験事情も全く未知なうえに、第一子だったのでとにかく先輩ママさんに聞くことが一番と思い、同僚のママさん達に伺いました。
ですが『埼玉県方式』『カクヤク』とチンプンカンプンの単語が並び……聞いても正直よくわかりませんでした。
わかったのは、埼玉県は塾に入らないと高校受験は突破できないということでした。
なので、塾に入るという選択肢は絶対というところではありました。
全国統一小学生テストを山手で受けていたので山手からたくさんの招待状をもらっていたので、山手でいいのかな?とも思っていました。そんな中で同僚に教えていただいた松江塾。
先生のblogを読むところからスタートしました。

 

●通わせる前のイメージ
 真島先生も斎藤先生も絵面だけならホスト的な(笑)これ真島先生の前のblog見た人はみんな一回は心に思ったはずです(笑)
チャラい見た目とスパルタ式個人塾に我が子が通う……というイメージを膨らませてみまして、直感的に悪くないんじゃん?と思いましたが、まあ通っているお子さんのママさんから厳しいよ、でも好きと聞いていたので、この『厳しいよ』という部分にもちろんビビりましたよ。でも、母としてビビったわけではなく、あくまでも子供が適応できるかどうかという部分です。あとは体験させてもらって本人しだいかなと思っていました。


●通わせて子供が変わったこと
 これは難しいですね……。正直うちの子供は成績が上がっていませんので、なかなか他のご家庭のお子さんのように目に見えて変わったという部分が親には見えづらかったです。
ただ、どんな環境でも『変わらない』『ぶれない』人間なんだということを知りました(笑)そして、頑張って結果を残すまわりのみんなを『純粋に尊敬できる』という……ある意味素晴らしい素直な?人柄を発見しました。


●通わせて家庭が変わったこと
 基本的に教育部分に関して、子供が小さい頃から親として大切だと考えていたことが、真島先生や齋藤先生が仰ることとかぶっていたので、大きく変化というよりは、より強化されたという感じです。
でも、真島先生と齋藤先生が仰る言葉により影響されやすくなりました(笑)
基本は塾を中心に過ごしている中学生活です。

●入った後のイメージ
 最初は真島先生がまったく登場しなかったのでblogだけで先生のイメージを膨らませていきました(笑)
そして、うちの塾はこんな感じとママ友達と話し合う中で……まわりのママ友から聞く塾とはまったく違うということだけはわかりました(笑)
ほとんどの親も先生達も塾はお金を払って我が子の成績を上げてもらう場所だと思ってますので。
私もそう思っていましたし、でも成績は『子供自身』しか上げられないのです!!高校に入ったら終わりではなく、その先がある、そこを見据えていかなければいけない。目の前に迫っていることだけではなく、その先にも目を向けていく必要があるということを考えられるようになりました。


●印象に残っているエピソード
 やっぱり真島先生のLINEの既読の早さと返事の早さ!!そして、行動力の早さですかね。これが松江塾の土台ですよね。