川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

楽しく慣れている場合ではない。

 

英語学習において

 

特に最初の段階では

 

 

 

英語に慣れる

 

楽しく学ぶ

 

 

 

こういったことに意識が向けられることが多い。

 

みんなで歌ったり、

 

ゲームをしたり

 

やたらと絵やイラストが多い教材だったり

 

確かに、意図は理解できるよ

 

でもね

 

もうそんなことを言ってられない状況だと思うよ。

 

少なくとも小5から、

 

本格的には中1から英語学習を始めて、

 

わずか5年後、もしくは3年後には

 

高校入試の英語を解かなければならないわけでしょ?

 

おそらく、多くの保護者の方は

 

今の高校受験の英語問題を見ていない。

 

一回、見てみたらいいと思うよ。

 

 

もう、当時とは比べ物にならないくらい難易度が上がってるから。

 

 

今の中3に10年前の北辰や入試を解かせたら

 

バッコンバッコン良い点を取るから。

 

 

まず何よりも、「量」が激増した。

 

試験時間は同じなのに、おそらく2倍以上にはなってる感じだと思う。

 

 

入試というものの時期は動かない。

 

 

難易度は格段に難しくなっている。

 

時間が足りない。

 

 

そんな時に

 

 

「楽しんで学ぶ」

 

という意図で、幼稚園児がやるような教材でも盛り上がっている場合ではない

 

 

のである。