川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「仕組み」はあるか

 

僕はある程度勉強ができる人たちの道を歩いてきた

 

一応中学受験をして

 

一応偏差値70程度の高校を出て

 

一応GMRCHに一般受験で現役進学をした。

 

「ある程度」感が半端ないが・・・笑

 

でも

 

勉強ができたか、できなかったかと問われれば

 

「うん、まあ、できたほうかな」

 

と答えて良い程度だとは思うんだ。

 

そんな僕の学力は

 

その大半は幼少期の「家庭のルール」が土台になっていると言っていいだろう。

 

「夜8時からノルマが終わるまで勉強」

 

これね。

 

土曜日だけは「8時だよ全員集合」を見るために

 

勉強は免除だったか、9時からだったか忘れたが。

 

教材は今で言うところの「チャレンジ」とか「Z会」のようなもの。

 

それを1日何ページ

 

みたいな感じで母親が決め

 

それをコツコツとやっていた記憶がある。

 

 

 

この忘れっぽい僕が結構覚えていると言うことは

 

この「8時から勉強」というルールはかなり長期間にわたり、

 

しかも継続的に行われたはずだ。

 

 

母親から言われた言葉で覚えているのは

 

「教育は最大の投資」

 

父親から言われた言葉で覚えているのは

 

「単に覚えるだけでは意味がない」

 

 

 

確かこんな言葉だったような・・・。

 

 

今二人の聞いても、多分「そんなこと言ったっけ?」と言われるに違いないが

 

 

それでも旧真島家には

 

そういう勉強に関する仕組みと方針があったことは間違いない。

 

 

 

さて

 

 

あなたの家に

 

言語化できる明確な「仕組み」と「方針」は

 

あるだろうか。