学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

英語を早期に定着させるには

今年度から学校選択問題に特化するために

英語を徹底的に「速く」進めている。

松江塾に在籍する子達には、

中2の終わりまでに中学3年間の英文法をマスターさせ、

英単語も学校の範囲を大きく超えてたくさん覚えてもらう。

中2の終わりまでには最低でも3級、できれば準2級を全員が取得できるようにする。

中3の夏以降、私立の問題をわんさか解くことによってさらに力をつけ、他の科目に余裕がある子は2級を取得できるまでに仕上げていきたい。

息子や娘の高校での様子から、偏差値70前後の高校には英検2級を取ってから高校生になる子の方が多い印象さえ受けるからだ。

そういうペースを可能にするためには、

「学校準拠」という考えは綺麗さっぱり捨てる。

英単語を簡単にした状態で、どんどん英文法の大枠をどんどん進める。

中3は分詞や関係代名詞を残すだけだし、

中2は動名詞、4文型、比較を残すだけ。

春休みが終わった段階でここまできた。

しかーし

ここからが大事。

一気に進んだ分、忘れるのも早い。

そうしないためには、学んだ全ての内容を常に反復演習をする。

ちょっと英語塾のような雰囲気も漂うが

高校入試からの逆算、高校進学後を見据えると

英語は早めに「得意中の得意」にしなければならないからね。