川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

川高川女の下位層

 

昨日の記事について、もうちょっと深掘りを。

 

川越高校を受験した時、その併願高校はどこだっただろう。

 

おそらく、殆どの子達が川越東だったはず。

 

川越女子高校を受験した時、その併願高校はどこだっただろう。

 

おそらく、星野か淑徳与野ではなかったか。

 

もちろん、大宮開成城北埼玉城西川越西武文理だったという子もいるだろう。

 

そして、めでたく合格。

 

その時、少なからず「併願の私立高校より上に行けた」と思ったのではないか。

 

そして何かしらの部活や実行委員会に入り、望んだ楽しい高校生活を満喫。

 

 

その見返りとして、360人中300番台、200番台という結果を手にしたわけだ。

 

イメージとしては、

 

短距離走のゴールの後、両手を上げながら惰性で走るランナー

 

そりゃそうだ

 

1位でゴールした気持ちでいっぱいなんだから。

 

しかし、現実のレースはそこはゴールでもなんでもなく、

 

42.195キロのマラソンのスタートラインだったわけよね。

 

喜び、速度を落とす君を横目に、そのままの速度で突っ走って行く子達。

 

当然、かつて君が「自分の行く高校よりも下」だと思っていた高校でも同じことが起きているわけだ。

 

速度を落とす君

 

君の通う高校よりも距離に換算したら2センチほど低い併願私立。

 

これからのレースは42.195キロ。

 

その距離に対する2センチの差。

 

微差である。

 

誤差である。

 

例えば川越東の大学進学実績

 

f:id:goumaji:20220805071301j:image

 

(   )内が現役

 

 

上位国立大学だけ見てもこんな感じ。

 

君が、「自分より下位」だと思っていた高校のトップ50人は、現役で東京一工や旧帝、筑波や横国に進学していくという現実。

 

「川高受かってよかったぁ〜。川越東に行くことにならなくてよかったぁ〜。」

 

なんて思ったあの日。

 

 

そして今の順位。

 

 

ねえ、何やってんの?

 

 

毎日勉強しなよ、本気で。

 

 

 

松江塾本科の子達

松江塾川越BASEの子達

 

本気で毎日やってるよ?