川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

来る者拒まず去る者追わず

 

松江塾には入塾テストはないが、入塾審査がある。

 

公式ホームページに載ってるこれだ。

 

f:id:goumaji:20220618080211j:image

 

問い合わせをしてくれる方の大半がこのことについて質問をしてくれる。

 

特に中学部の定期テスト順位について。

 

しかし事実上、この基準はほぼ関係なく体験や入塾をしてもらっているのが現状だ。

 

なぜか。

 

結局は、入ってからその子がどれだけ頑張るかで成績なんていくらでも上がるから

 

である。

 

じゃあどーしてこういう基準を設定するのか、だが

 

覚悟を持って門を叩いてほしいから

 

である。

 

松江塾は生徒の「学力」を上げるために必要な「自学力」を身につけるところに注力する。

 

犬にお手を躾けるところではない。

 

だから少なからず大変なことも多いし、なかなか結果が伴わないこともある。

 

そういう環境であるがゆえに、

 

しっかりとした考えを持った人達に来てもらいたいのである。

 

そして

 

去る者は追わない。

 

昨日も一人退塾の連絡をいただいた。

 

退塾の理由はそれぞれだが

 

あまりそれを聞くこともない。

 

聞いても塾の方針を変えることはないからだ。

 

 

昨日の退塾連絡とは全く関係ないが、

 

例えば、

 

「手厚くうちの子を指導してくれないから」

 

と言われたとしよう。

 

僕の中では「手厚く指導することは子供の能動力を奪う」ということになっている。

 

その計算問題が解けるようになったとしても、その分能動力を奪ってしまってはその先がないからだ。

 

こうやって、指導の隅々に僕の経験や信念が行き渡っているわけだから

 

それを否定されても何も動じないんだよね。

 

ということで、去る者は追わない。

 

「了解です」

 

と返信するだけ。

 

でも不思議なもので、退塾の連絡を受けるとその数時間後、少なくとも数日以内に新規のお問合せがくる。

 

これは他の塾長に聞いても同じ。

 

昨日は退塾連絡の2時間後に新規のお問合せメールをいただいた。

 

 

開塾以来、この方針は大きく変えていることはない。

 

これからも変えるつもりもない。

 

 

 

あ、ちなみに入塾基準だが、

 

あまりに大きく足りてない子は

 

まず間違いなく体験期間の途中で来なくなる。

 

保護者からの連絡もなく、来なくなる。

 

もう一度書いておく。

 

保護者からの連絡もなく、来なくなる。

 

そういうことなんだと思うよ。子供の教育って。