川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

例外は一人もいなかった

 

ゲラおが小学生の頃、かなりガチでサッカーをやっていた。

 

当然、周りにもそういう「ガチ勢」が大勢いたが

 

選抜に選ばれたり、レギュラーメンバーで固定する子達は

 

一人の例外もなく、親もガチだった。

 

そして、そのガチっぷりにも共通点が。

 

 

 

①ガチの声かけのみ

 

②ガチの外注型

 

③ガチの親参加指導

 

 

この中のどれだと思う?

 

 

 

答えは「③」だ。

 

 

「公園に行ってボール蹴ってきなさい!」

 

と声かけするのではなく、

 

週7日、いろんなチームやスクールを掛け持ちさせるのでもなく、

 

一緒にボールとコーン持って公園に行く!

 

そしてボール出しをしたり、一対一やったり。

 

別にその子達の親は経験者でもなんでもないよ?

 

でも、「一緒に参加型」だったんだよね。

 

特に年齢が低い時ほどね。

 

 

これ、勉強に関しても同じことが言えると思う。

 

 

 

声かけ

外注

親参加

 

 

プロに任せた方が…

 

って思うのも理解できるし、ある部分では正しいよ。

 

でも

 

それでも「親の目」と「親の手」に勝てるものはない。

 

 

なぜかって?

 

 

熱意が違うからだよ。