川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

家族の会話で子供を賢くする

 

毎日沢山の生徒たちと接していると、その会話力と賢さに相関関係があることはすぐに気づく。

 

何かの質問に対し、言い出しの数単語だけ言う子。

 

これは家庭で親が話の内容を汲み取ってあげすぎなパターンだ。

 

語彙も思考も少ない。

 

そういうこの場合、「で?」「そのあとは?」みたいに最後まで言わせてあげることで思考させることが大事だ。

 

逆に一から十まで話したがり、とにかく話が長い子はどうするか。

 

この場合は、「つまり?」「端的にいうとどういうことなの?」「一番強調して伝えたいことはなに?」

 

みたいに声かけをして会話をリードしてあげたらよい。

 

マシンガンのように言いたいことだけを言う子は、人の話を聞いていない。

 

そういう場合は、あえて少しずらして質問攻めにする。

 

その質問に答えるまで、話を進まねないことね。

 

そうやって、家庭の会話の中で子供の思考力や語彙力を鍛えること

 

多分、一番子供の地頭が鍛えられるはずなんだ。