川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

金色の蕊

 

今回、小4とプレには「蜘蛛の糸」を課題にしている。

 

みんな日に日に上手くなっているのだが

 

この音読に将来の学力向上へのヒントがあると思っている。

 

それが題にも書いた「金色の蕊」である。

 

文中には、「金色の蕊からなんとも言えない良い匂いが」とある。

 

さて、これを読むだけで通り過ぎるか、

 

「蕊って何?」

 

と思うか

 

さらに

 

「ねぇ、お母さん!蕊って何?」

 

と聞くか。

 

意味を知らずに読み続けた子と、意味を知って読み続けた子

 

一体どれ程の差が生まれるか。

 

意味を知らずに読んだとしても、効果がないとは言わない。

 

毎日同じ文を音読することで、頭の中に染み込むものは多いだろう。

 

 

しかし、

 

 

「とのへきもゆへこちいほめにつここいえとみのけ」

 

これを毎日音読しても、テストでは点は上がらないのだ。

 

今回、結果に繋がらなかった子は

 

そこを意識してみよう。

 

 

読みながら、「どういうこと?」

 

と考えること。

 

それが大事なんだ。