川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

学校選択問題って何?

 

埼玉に住んでいる人で、

 

これから受験に向けてスタート!

 

という人もいるだろう。

 

そこで、埼玉県の公立高校入試における

 

「学校選択問題採用校」

 

についてちょっと書いておこう。

 

まず、埼玉県には公立高校が

 

145校

 

ある。

 

そのうちの21校が

 

英語と数学に関して難易度の高い問題を入試で使う。

 

その21校とは

 

浦和高等学校

浦和第一女子高等学校

浦和西高等学校
大宮高等学校

春日部高等学校

川口北高等学校

川越高等学校  

川越女子高等学校  

川越南高等学校

熊谷高等学校  

熊谷女子高等学校  

熊谷西高等学校
越ケ谷高等学校  

越谷北高等学校  

所沢高等学校
所沢北高等学校  

不動岡高等学校  

和光国際高等学校

蕨高等学校  

さいたま市立浦和高等学校  

川口市立高等学校

 

である。

 

赤く色をつけた高校は松江っ子達が通う可能性がある高校だ。

 

この21校は偏差値が60以上

 

つまり単純に考えて

 

埼玉県の中3の上位15%の子達が受験者層である。

 

ただし、この顔ぶれは年度によって多少変わることがあるので

 

情報のアンテナ感度は高めておいた方がいい。

 

 

ちなみに、

 

学校選択問題の高校を受けるのであれば

 

学校の授業だけでは合格は厳しい。

 

それ相応の対策はなるべく早期から必要である。