川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「受験」は子供のものだ

 

今日も中3は誰一人として僕の相手をしてくれない。

 

いや、名古屋松江っ子が国語の記述添削をしてくれと言ってきてくれた♫

 

それだけ…

 

松江っ子達の凄いところは、

 

単願合格してる子も普通に来て勉強してるってことね。

 

いち早く予選会を終え

 

本戦のロッカールームに通されたって状態だから

 

嫌でも気合いが入るってことだね。

 

良い良い。

 

 

さて、この時期になると

 

塾としては最後の追い込みに余念がない。

 

そういう塾がほとんどだと思う。

 

「何とかして我が子を合格は導いてくれ!」

 

そう願う保護者の気持ちは

 

それはそれは分かりすぎるくらい分かるからね。

 

でも、

 

受験というものは

 

子供にとって「財産」なんだ。

 

目標に向けて

 

本気で自分と向き合う経験

 

全てが自分次第

 

その極地が受験なんだよ。

 

この最高の時間を

 

僕ら塾講師は1秒だって奪ってはならないんだ。

 

だから僕は何もしない。

 

この最後の時期に

 

僕が何もしなくていいように

 

小学生から

 

中1から

 

この子達を鍛え上げてきた。

 

 

いや、違うな

 

 

結局のところ、自分で何とかしないと何もどうにも変わらない

 

という経験をさせてきたんだ。

 

 

だからこそ、彼ら松江っ子は

 

受験というものとガチンコで向き合い

 

全て自分の意志と行動で取り組めているんだ。

 

 

この経験があるかないかで

 

高校3年間が決まると言っても過言ではない。

 

 

そんな中3が黙々と勉強している時

 

 

その隣の部屋では

 

川高松江っ子が4人

 

栄東松江っ子が1人

 

これまた黙々と勉強している。

 

 

松江塾は高校受験にピークを持ってこない。

 

 

ピークは大学受験に合わせるよ。

 

 

よ。