川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

200点台前半から450点目前まで上がった子

 

もう何年も前の話だ。

 

ある生徒が入塾してきた。

 

中1の秋くらいだったかな

 

定期テストで200点台前半を連発し

 

もういよいよヤバイ!ということで、松江塾の門を叩いてくれた。

 

とても明るく、とても要領の良い子で

 

一気にクラスの中心メンバーになった。

 

僕は当時、

 

「俺が定期テストで点を取らせるぜ!!!!」

 

と燃えていた。

 

その子の苦手教科や苦手単元を把握し、

 

その部分を埋めるべく、徹底解説

 

そして

 

できるようになるまでプリント爆撃!

 

教科書を何度も何度も音読させ

 

何なら本文は完全暗記!

 

そしてテスト直前には予想問題を作り

 

それも満点取るまで反復!丸つけ!反復!丸つけ!

 

特に点の低い子たちを集めて、「真島組」だったかな?

 

そんなネーミングをつけて、徹底指導をした。

 

結果、2回ほど定期テストを経験したくらいだったか

 

その子は450点まであと少し!というところまで上がった。

 

僕は自分の指導力を確信した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その子は

 

受験を待たず、松江塾を退塾した。

 

 

 

 

 

あんなに点が上がったことを喜んでいたのに。

 

 

 

 

「先生!また次も予想問題、よろしくね!!!」

 

 

と笑顔で言っていたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

その子は450点手前まで行ったあと

 

 

少しずつ、遅刻したり欠席したりすることが増えてきた。

 

 

授業中も以前のような明るさがなくなっていった。

 

 

 

テスト前になると

 

 

「先生!また真島組、お願いしまーす!予想問題も!!」

 

 

そう言ってくるのは変わらなかった。

 

 

 

しかし

 

少しずつ、その子は負荷を嫌がるようになった。

 

 

 

「この予想問題だけ覚えれば80点はとれますよね?」

 

とか言うようになり・・・。

 

 

 

 

 

 

何か違う・・・

 

 

 

僕はそう思うようになり、

 

 

 

そして

 

 

 

「勉強のやり方はこれまでやってきたから分かるよね?今度は自分の力でやってごらん」

 

 

 

 

 

そう言うようになってまた数回の定期テストを乗り越え

 

 

 

 

その子は

 

 

 

また200点台になり

 

 

 

そして辞めていった。

 

 

 

 

高校は入るには入ったが、

 

 

中退した、と

 

 

風の噂で聞いた

 

 

 

 

 

いろんな後悔がある。

 

 

いろんな「たられば」を考え尽くした。

 

 

何が正解だったのか。

 

 

 

定期テストの点を報告してくる子たちの顔を見ていると

 

 

たまに思い出す時がある。