川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「知の核」を作る

御大層な題名ではあるが

 

冗談抜きに思う。

 

賢い子は

 

幼い頃から賢い。

 

もちろん、例外はいくらでもあるだろうが

 

まず大抵の賢い子は

 

幼少期からの親の意識と行動が

 

向けられているものである。

 

もちろん、ゲラおも幼い頃から賢かった。

 

そうなるように育てたからね。

 

賢さを測る物差しはいくらでもあるが

 

「勉強」は紛れもなくその一つであろう。

 

勉強のできる子は賢い

 

賢い子は勉強ができる。

 

これに異論を挟み込む余地はない。

 

その賢さ

 

いつから

 

どのように

 

育てていくのか。

 

 

僕は

 

「知の核」

 

というものを考えている。

 

 

 

身体で言うなら「体幹」のようなもの。

 

 

ぐっと考える力

 

瞬時に思考を始める力

 

ん?と思って没入する力

 

 

 

こういうものは

 

なるべく早期に作っていきたいものだ。

 

 

なんか今日はプレの話ばかりで申し訳ないが

 

幼児教育

 

早期教育

 

こういったものに携わる者には

 

どう考えても「才能」のようなものがあるように

 

思えてならない。

 

 

我が天使な奥様は

 

贔屓目でもなんでもなく

 

その分野では

 

傑物なのではなかろうか

 

これから、松江塾のプレは

 

凄いことになっていく。

 

 

「松江塾のプレに通っている」

 

この言葉が今後、かなりの

 

パワーワード

 

になっていくだろう。

 

 

間違いなく。