学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

なぜ英語に力を入れるか

今年度から、松江塾の文系科目は英語の時間を増やしている。

学年によっては、「英語のみ」になっている。

とにかく、英語は早々に仕上げたい。

というか、なるべく早い段階で英検準二級、もしくは二級まで取らせたい。

教科書準拠の問題集は使うが、

凄まじい速さで進む。

英語に関しては、定期テストは「無視」である。

なぜか。

それは、大学受験の制度変更が原因だ。

ざっくり言えば

一般入試よりも合格者定員の多い「推薦入試」において、

英検などの資格要件が大事になっているから。

つまり、学校のテストで頑張って評定平均を上げても

公募推薦では英検等の基準をクリアーしていなければ出願もできないってこと。

もちろん、大学や学部によっても違うけどね。

だから、

まずは指定校推薦を目指して頑張って欲しいが

万が一、校内推薦認定に漏れた場合

「一般入試しかない!」っていうのは

避けたいじゃん?

そこで今度は公募推薦、という道を進むわけなんだけど

その時に、英検などで結果を出しておかないと

その道も絶たれてしまう。

これは厳しいよね。

そして何より、松江塾の子達が進学するような高校では

英語と数学のスピードが速い!

英語に関して、単語と熟語が少ないと

そのスピードには絶対についていけなくなってしまう。

最上位校に入っても、下位に低迷してる子と話すと、まず間違いなく英語でやられてる現状。

これを打破していきたい。

ということで、

なるべく早期に高校レベルまで駆け上がる。

それは結果的に学校選択問題も簡単に感じるってことになるわけだから

高校受験にも生きてくる。

社会?国語?

それも確かに大事。

疎かにはできない。

でも、やっぱり一番時間がかかる上に、科目としての重要度が段違いで高い英語は

一番意識を強く向けないといけない。

今日の中1は、プログラム5を終える予定だ。

そして、来週には三単現に入る。

先んずれば人を制す

だけではなく

高校入試も

高校の授業も

大学受験も

制するために!