学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

キャッシュレス化の弊害か?

コンビニで買い物をした。

レジには大学生?フリーター?と思しき若い男の子。

「947円でーす」

というので、僕は「1002円」を出した。

これ、分かるよね?

僕は変じゃないよね?

最近は滅多に現金を使わないから、財布の中の小銭は減らしておきたいわけよ。

だからこその「1002円」だったわけなんだけど

その男の子は

何やら怪訝そうな顔をして

2円をすっと戻してきた。

「947円なんで、1000円で大丈夫でーす」

んんん??

なになに

僕はこの顔だから、外国人と間違えられたのかい?

947円に対し、1000円で大丈夫なのは、

外国人だって分かるわっ!

で、そのままその男の子はテキパキとレジを打ち

「53円のお返しでーす」

って言いながら、

「こいつ、いい歳こいてお金の計算もできねーのかよー」

みたいな視線をチラッと向けて。

おいおいおーい

1002円なら55円のお釣りで、小銭が2枚じゃないか!

53円なら4枚だろーが!!

なになになに?

世の中、こんの感じになってるの?

それが普通なの?

もう、小銭が多いと財布が重い、とか

そんなことを感じなくなるくらい、キャッシュレス化が進んでるわけなのかい?


もやもやするー