川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

意識の糸が細いんだよね

松江塾は毎週席替えがある。

その週のペナテストで、結果の良い人から前に座っていく。

ペナテストは出題される問題が分かってるテストだから、完全に努力指数で決まる座席だ、ということだ。

ということは、前に座っている子ほど勉強に対する意識が高い、ということになる。

そんな教室で授業をするとね、前の方の子達は

目の動き

目力の強さ

表情

頭の動き

そのどれをとっても、意識の高さ、強さを感じる。

話をしている僕に対し、一人一人から直径10センチくらいの太いロープが投げられてくるイメージ。

そのようなロープに知識を乗せて送り返す。

前の方の子達はそういう「太い」意識を感じる。

でもね、後ろの方の子達は

こっちを見ているべき時に見ていない。

前の方の子達が笑っている時に笑っていない。

つまり、聴いてないんだよね。

それでもある程度の結果を出しているわけだから

視界には入っているのかもしれないんだけど

彼らから投げかけてくるロープがね、

細いんだよ

直径数ミリの「糸」

そんな感じなんだよね。

同じ知識を後ろまで送り届けようとしても

なにせ細いから

途中で重さに耐えきれなくて、届かないんだよ。

前の方の子達は距離が短いのにロープが太いから

もうバンバン知識が送れるんだけど

後ろの方の子達は「糸」なんだよ。意識の太さが細い細い…。

生徒には直接話しているけど

ペナテストで頑張れないなら

学校選択問題なんて、夢のまた夢。

無理だから。

だったら、松江塾にいる意味はないよ。