川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

中学受験終了後の英語学習スタートで気をつけて欲しいこと

 

今ね、結構な高偏差値帯の中学の子達が

 

英語の追いつきコースを進んでるんだよね。

 

中学受験を経験した人達なら誰しもが知るトップ校の子達。

 

中学に入り、英語で壁にぶつかってるみたいなんだ。

 

周りが速いとか

 

難易度が高いとか

 

そういうことでの壁じゃなくて、

 

僕から見るに

 

「中学受験で発揮した優位性を活かした英語学習ができていない」

 

ってのがあるんだ。

 

 

中学受験で身につき、伸びた能力を

 

「暗記力」

 

だと勘違いして英語に対峙すると、ほんとかなり早期に躓き、英語が意味不明な「科目」になってしまう。

 

 

親からすれば、あれだけ膨大な知識を吸収できたのに

 

なぜ英単語が全く覚えられない?

 

と思うかもしれない。

 

 

でも、よくよく聞いてみるとそれも当然。

 

 

僕も中学受験経験者だから、当時受験が終わってから中学準備講座みたいなものに通った記憶があるんだ。

 

 

その時にね

 

友達が英単語の覚え方を披露してくれたことがある。

 

 

なんで単語かは覚えていないが

 

 

ティー、イー、エー、シー、エイチ、イー、アール」

 

と、何度もアルファベットを連呼していた笑

 

 

teacher

 

ってことよね?

 

 

あの子はその後、どうなったのだろうか…

 

 

 

 

 

英語は暗記、覚えれば良い

 

 

 

これは確かに半分正解。

 

 

 

でも、中学受験を経験したならなおさら分かるはずだよね?

 

 

理解なき暗記は苦しいだけってことが。

 

 

 

 

せっかく身につけた「読解力」「論理力」「思考力」

 

 

これを存分に使える英語学習をすべきなんじゃないかな。

 

 

その英単語をそう読む理由理屈

 

 

その英単語をそう書く理由理屈

 

 

英文をその語順で書く理由理屈

 

 

なぜその並びになっているかの理由理屈

 

 

中学受験を経験したからこそ、納豆英文法のように「理由理屈の真の理解」を伴う勉強が適していると思うんだけど

 

 

どうだろうか。