川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

どこまでを「簡単だ」と思っているか

 

学力上位の子達は

 

難しい問題を「難しい」と認識していない。

 

彼らにとっては「簡単」、もしくは「面白い」のである。

 

野球のバッターであれば、150キロの球速のボールは打つのに困難ではない。

 

しかし、その辺の中学生にとっては困難極まりない。

 

恐怖すら感じるのではないか?

 

 

この違いは何か。

 

 

それは

 

 

時速100キロ

時速110キロ

時速120キロ

時速130キロ

時速140キロ

 

の球速の練習頻度が違い。

 

 

それなのだ。

 

 

なんなら、

 

時速90キロ

時速80キロ

 

の球速も。

 

 

そうやって、なんでも同じ。

 

 

基礎基本の圧倒的な練習量が

 

 

その一つ上のレベルを「普通のこと」にしていく。

 

 

 

忘れないように。