川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

少子化の異常な速度を肌で感じる

 

僕は全国の塾長達と繋がっていて

 

毎日数百、数千のやり取りの中でほぼ24時間塾について考えられる状況を持っている。

 

これは実際、教務指導や塾運営においてかなりの強みであるが

 

同時に地方の現状を知り、日本の先行きのヤバさをリアルに感じる場でもある。

 

割と大きな地方都市

 

そこから車で数十分の距離にある小規模都市

 

今、そういう都市で少子化がもんのすごい速度で進んでいるという。

 

倍々ゲームならぬ半々ゲームできない勢いで。

 

人口の推移の話をしていると

 

2100年には…

 

とか

 

50年後には…

 

なんて予測値が出てくることが多いが

 

それは日本全体の話であって、

 

一つの都市の中では

 

5年後に半減

 

とか、もうそういうレベルって感じがする。

 

分かる?これ。

 

例えばリアルに小学校でイメージするといいかもよ。

 

 

5歳差の兄弟がいたとして

 

 

上の子が小学校入学の時は4クラス。

 

そして5年後、下の子が小学校に入学する時には2クラス

 

6年生 4クラス

5年生 4クラス

4年生 3クラス

3年生 3クラス

2年生 2クラス

1年生 2クラス

 

 

こんな感じ。

 

 

三大都市圏近郊に住んでるとまだそこまで実感しないのかもしれない。

 

でも、冒頭に書いたような地方都市周辺の小規模都市は

 

まさにこんな感じで推移していくんだ。

 

 

「だろう」

 

じゃなくて、実際にそうなんだってさ。

 

 

先日もオンライン生の保護者の方と

 

 

「中学校区域内に進学塾、補習塾が一つもない」

 

っていう話になったんだ。

 

 

ちょっとびっくりしたよね。

 

かなり歴史ある有名な都市なのよ?

 

 

まあ、僕なんかがここでキャーキャー叫んだからと言って

 

日本の人口減少が止まるわけでもないけれど

 

 

じゃあ、どうする?

 

って考えられる子達を育てていきたいよね。

 

 

みんながどうするかをただ見てる子じゃなくて

 

自分の頭で考えて想像し、行動できる子にね。