川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

なんかかんたんになってきました

 

 

 

 

プレの子達は今、太宰治の「女生徒」とフォニックスの「ir」の音読をしている。

 

そんなプレの子で、お母さんのスマホから毎回僕にメッセージを書いてくる一年生の子がいる。

 

松江塾プレの音読は学年など無視。

 

小1から小3まで無学年で同じものを音読する。

 

もちろん、毎日。

 

ここ最近は

 

学問のすゝめ

初恋

女生徒

 

こんな感じで読んでいる。

 

一つの課題を7日間、例の方法で。

 

昨日、冒頭に書いた一年生の子のメッセージには

 

「なんかかんたんになってきました」

 

と書いてあった。

 

毎日この子からの全部ひらがなのメッセージを読むと、

 

「ああ、一年生ってこのレベルなんだよな」

 

と気付かされる。

 

でも、そんな一年生の子達が

 

「まだ上げ初めし前髪の…」

 

なんて誦じるからさ、その賢くなっていくスピードに期待が高まっちゃうんだよね…。

 

ああ、ゲラおとなし子が小学校低学年の頃から、

 

今の仕組みがあれば良かったのに、とつくづく思うこの頃。

 

 

ちなみに、前々回に九九を課題にした時から

 

1日も休まず九九の音読を送ってくる一年生や二年生の子達がいて、

 

もうすでに上りも下りもスラスラと暗唱するんだよね♫

 

ランダムで出題しても即答するってさ。

 

一緒に歩いてて、車のナンバーの数字をかけ算してご満悦なんだってさ♫

 

学校でかけ算九九を習う時、先生が白目ひん剥くだろうね笑