川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

最初は心配だろうね

 

「うちの子、そんなに自学できるのかしら…」

 

みんな最初は思うみたいだね。

 

f:id:goumaji:20211011103703j:image

 

これ、昨日の夜に中1から送られてきた自学画像だ。

 

朝の10時から夜の10時まで

 

自分で「今の自分に必要な勉強」をコツコツとやったものである。

 

僕らが何か指示をすることはない。

 

誰が何の科目をどう勉強しているのかも把握しない。

 

完全ノータッチである。

 

子供はテストに向けて何をやるべきかはわかっているんだ。

 

僕らが手を出さなければ、生徒は自ずとやる。

 

ただ、これに対しては指導者としてかなりの覚悟がいる。

 

生徒に任せたら80点

 

でも、僕らが指示を出せば90点は行くからだ。

 

ここに「塾というものをどう捉えるか」という、指導者としての信念が現れるのだ。

 

僕の信念

 

それは

 

「塾生は我が子と同じように育てる」

 

ということである。

 

ゲラおやなし子に予想問題や課題プリントを出したり、対策授業をやるような塾には、絶対に通わせたくはない。

 

そういうもので成功体験のようなものを得させてしまっては、

 

「補助ありきの努力」

 

を経験として積み上げてしまうからだ。

 

それは親としては断固拒否。

 

そう考える僕が松江塾の方針を決めているわけで、

 

塾生にもそう接していくのは当たり前なのだ。

 

自分の子供は「一人で決めて即行動できる子」に育てたくせに、

 

よそ様の子はお金もらって「指示がないと行動も判断もできない子」にするなんて、意味不明すぎるからね。

 

上の自学画像の子、その勉強体力と自学力はすでに難関高校の2年生くらいのレベルだろう。

 

松江塾の子がなぜ高校でも強いのか。

 

理由は見ての通りである。

 

 

ちなみに、この子が突出して自学量が多いわけではない。

 

松江っ子は、すごいのである。