川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

家族でバトル♫

 

昨日の小6では、いつもの国語音読に加えて

 

英語の音読和訳の課題を出した。

 

国語音読は「ノーミス」が条件。

 

しかし英語は「制限時間以内」が条件だ。

 

今回の課題は「5分以内」とした。

 

英文を見て、スムーズに音読。

 

これだけでもめちゃくちゃ効果はあるが、

 

さらにそこに和訳も追加したのだ。

 

英語を見て、それを瞬時に和訳。

 

ちなみに、全て中1で学ぶ文である♫

 

スッタモンダがあったり、頓挫したりしたが、

 

大学受験が4技能へと動いていく大きな流れは変わるまい。

 

小学校の英語授業、中学校の英語授業

 

どちらを見てもその流れはものすごく感じるよね。

 

ということは、これまでのような「ゴリゴリの文法理解と英文解釈」に加えて、

 

徹底的なスピーキングとリスニング

 

これも上乗せしていかないといけないよね。

 

これ、塾の時間だけでは絶対に無理。

 

繰り返す!

 

絶対に無理!!

 

だからこその音読音源提出♫

 

この仕組み、やっぱり最高だ。

 

 

例えばさ、野球チームの監督に

 

毎日500回の素振り動画提出

 

サッカーチームのコーチに

 

毎日ドリブルの動画提出

 

スマホをどこかにセットして、録画♫

 

それを送信。

 

たったこれだけで、確実にレベルは上がるよね?

 

やれば伸びる

 

やらないから伸びない

 

その「やる」を親が頑張らないと無理だった

 

これまでは、ね。

 

しかし

 

「動画や音声を送る」

 

これで親の心理的ストレスがどれだけ減ることか…

 

しかも確実に伸びるしね。

 

 

 

で、だ。

 

 

ここからが大事なのだが

 

子供が持ち帰ってきた音読課題、ぜひ家族でチャレンジしてもらいたいんだ。

 

多分ね、条件がハードになると子供は言うよね

 

「こんなの無理だよ!!」

 

って。

 

そしたらさ、保護者の人もやってみてほしいんだ。

 

子供の目の前で。

 

昨日の授業では、僕がやったよ。

 

僕は

 

2分47秒♫

 

 

 

家では、

 

「圧倒的な差を見せつけて親の威厳を示す」

 

「大変さを共有し、共感してあげる」

 

どっちも正解だよね。

 

 

さーて、まだまだ音読が残ってる♫

 

午前中に終わるかなー?