川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「塾にも行ってないのに」という子を塾で育てる

 

 

塾の先生であれば誰しもが経験し、

 

そして

 

悔しい思いをしたことがあるのではないだろうか。

 

塾生にいつも勝つ子

 

「でもその子、塾に行ってないんです」

 

って聞いた瞬間。

 

あの悔しさってなんだろう。

 

実は僕らは分かってるんだよね。

 

 

本当に強い子はそういう子だ

 

ってことを。

 

 

 

僕も数年前まではこう答えていた。

 

「よっぽどお母さんが鬼なんだろうね」

 

と。

 

これは確かに正解の一つだ。

 

親の言葉の浸透率は、上手くやれば僕ら塾講師の比じゃないからね。

 

 

我が天使な奥様の言葉

 

ゲラおやなし子への浸透率はものすごいから。

 

どうしてそうなったのかは、過去に夫婦ラジオで語ったよね。

 

「私は子供の健康が一番!」

 

答えはこの言葉にあるよね。

 

日頃から親の思いや言葉が子供の心の奥底まで届くようにしておけば、

 

その思いや言葉の内容はなんでも良いってことなんだよね。

 

「この人は自分の健康や命に対して、マジで本気なんだ」

 

子供がそう思うようになっていれば

 

親の言葉はどうしたって心の真ん中に届くもんなんだよね。

 

 

さて

 

話が逸れた。

 

 

そうやって塾に通わずに上位の子は、確かに親がすごいことは間違いない。

 

強烈な参謀がいるわけだからね。

 

 

でも当たり前だけど、どんなに参謀が凄くても

 

実際に勉強を理解して覚えてテストを受けるのは子供。

 

親の凄さが5だとすれば、子供の凄さは10、いや20くらいだろうか。

 

結局そういう子達は「自分で頑張る力」が育ってるんだよね。

 

親に育まれたってこともあるだろうけど

 

それ以外の要素もたくさんあると思う。

 

 

僕もね

 

そういう子の話を聞いて悔しくなり

 

塾生に勝ってもらいたいから

 

「もっとたくさんの問題を解こう!」

 

そう言ってよりたくさんの課題プリントやテストを課した時もあったよね笑

 

多分、今もそういう塾は多い。

 

 

でも高校に入ってからは

 

もうそういう子達には絶対に勝てないんだよ。

 

 

絶対に。

 

 

だから今の松江塾は

 

 

「塾に行ってないのに凄い子」を

 

 

塾の力を使って育てようとしているんだ。

 

 

 

で、結構育ってきてる。

 

 

今、各高校でトップ層に松江っ子達がいるってことが

 

それが証明できてるってことだと思うんだよね。