川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

君が「難しい」と感じるのならみんなも難しい

 

テストを解いていて

 

「難しいな・・・」

 

と感じることがあるだろう。

 

いつもいつも勉強を頑張っている子なら

 

その微妙な感覚は鋭くなっているはず。

 

逆も然り。

 

妙に簡単だな、と感じることもある。

 

さて

 

入試本番は、メンタルの状態が結果を大きく左右することがある。

 

「焦りは禁物」

 

勉強に限らずよく耳にする言葉だが、

 

入試本番でもこの「焦り」は絶対に禁物である。

 

 

入試本番で焦る時とは、一体何が原因か。

 

 

「時間が足りない」

 

というのを想像する人も多いだろう。

 

しかし

 

実は時間が足りない場合は

 

それほど大きな点を落とすことにはならないことが多い。

 

なぜなら

 

じっくりと時間をかけて考え、答えを出した結果

 

最終的に最後の方で問題が終わらない!

 

ということであり、

 

実は時間をかけて解いていた問題は多い。

 

だからその問題は正答できている、という理屈だ。

 

 

 

それよりも危険なのは

 

テストが始まり、数問解いた時に

 

「うわっ、難しいな・・・」

 

と感じた瞬間の焦りだ。

 

解けない問題が序盤で2問、3問と続いている時

 

「どうしよう、解けなきゃいけない序盤で解けない・・・。後半になればなるほど難しいのに・・・」

 

この焦りは正常な思考を妨げることになる。

 

 

 

でもね

 

君はこれまでかなりの努力をしてきた。

 

たくさんの問題も解いてきた。

 

 

その君が難しいって感じる問題は

 

絶対に周りも難しいって感じてるはずだよ。

 

 

大丈夫。

 

これまで君は、いろんなレベルの子がいる環境で勉強してきたよね?

 

 

君が難しいと感じる問題を、いとも簡単に解く子達

 

そういう子達を当たり前に見てきたから

 

きっと焦るんだよね。

 

でもさ

 

入試本番、その会場にそのレベルの子っているの?

 

 

よく考えてみようよ。

 

入試本番は、これまでの定期テストや業者テスト、塾のテストとは

 

周りの子達が全く違うんだよ?

 

 

 

そうだね

 

分かったね?

 

 

 

周りの子達は、自分と実力が大差ない!ってことね。

 

 

 

つまり、君が「むず!」「やば!」って感じてるなら

 

前の子も、後ろの子も、みんな似たようなことを感じてるはずなんだ。

 

だからこそ、同じ高校を受けることになってるわけでしょ?

 

 

 

 

 

ちょっとここで、ここ最近の塾の模試の平均点を載せてみる。

 

  国語 数学 英語 理科 社会 合計
第4回 87.2 62.2 64.8 82.6 82.2 379
第5回 60.6 49.5 61.4 83.2 82.2 336.9
第6回 79.9 58.6 67.1 90.3 85.7 381.6

 

 

国語や数学で大きな変動が見えるよね。

 

同じ模試業者が、なるべく入試本番のレベルを想定して作った問題だ。

 

それなのに、この点数の変動だよ?

 

 

これが入試。

 

 

難しいと感じているのは

 

絶対に自分だけじゃないんだ。

 

 

だから

 

君が難しいと感じるのなら

 

 

「よし、一点の勝負になるな・・・。だったら証明問題で部分点をもぎ取るぜ!」

 

くらい前向きな思考を持って

 

さらにじっくりと考えていけばいいんじゃないかな。

 

 

序盤の難問なんて

 

絶対に周りも解けてないから。

 

 

君が「よし!部分点だけでも!」って考えている時

 

周りの子達はパニクって頭真っ白だよ笑

 

 

 

ふっ

 

 

勝ったな・・・・・