川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

細部から、大きく広くへ

 

従来の受験英語

 

細部まできっちり!というスタイルだったと思う。

 

でも

 

大学受験に関してゲラおと話せば話すほど

 

すでにそういう流れは終わってるんじゃないかって思ったよ。

 

だってゲラお

 

文法力は中学で止まってるんだから笑

 

とにかくざくざく読む

 

とにかく減点されない英文を書く

 

そこに特化。

 

 

 

英文法は最低限の土台をしっかり構築し

 

あとは単語増やしてさ

 

大量の英文を読んだり聞いたりして

 

ちゃんと内容が掴めればいい

 

そういうふうに動いていくんだろうな。

 

 

松江塾の英語先取り

 

やっぱり想定通りのことが起きている。

 

 

ふむ

 

 

自分でも少し怖いくらいの気持ちになるが

 

ドンピシャ正解なんだから

 

自信持って突き進むよ。

 

 

土台のルールは極めてシンプル

 

そこをガッチガッチに固める。

 

なるべく早期に。

 

マニアックな細部への

 

完璧な理解は不要。

 

 

言語は情報伝達のために学ぶものだ。

 

 

大学入試がそのように舵を切ったら

 

それはもう、あっという間に高校受験に反映される。

 

 

よし

 

この流れは

 

 

松江塾には

 

 

完璧な追い風だぜ。