川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

プレの子達、成長してるんだな

 

先日やったプレの実力テスト、

 

我が天使な奥様が、当時ゲラおにやらせていた問題から抜粋して作ったものだ。

 

内容は「ガチガチの中学受験用」の問題ね。

 

学校で勉強する内容とは明らかにかけ離れているが

 

そもそもプレの基本コンセプトは

 

思考する力

粘る力

高速処理する力

 

 

これを伸ばすことだからね。

 

漢字や計算は学校や公文、家庭学習でもできるから

 

そういったものは削ぎ落としてるんだよね。

 

 

さて

 

プレが始まった当初、ほぼ全員がその問題のレベルや質に驚いたことだろう。

 

繰り返すが

 

学校とは全く次元が違うから。

 

 

奥様曰く、

 

「当時のゲラおでも半分できればすごいって感じかも」

 

だそうだ。

 

 

当時のゲラおは、中学受験塾の公開模試で無双状態だった。

 

そのゲラおで、半分ですごいってレベル。

 

 

 

さて

 

今回のテスト

 

ちょっと学年ごとに点数を並べてみる。

 

 

小1・年長

 

71

53

51

51

40

30

28

24

20

 

小2

 

52

41

37

31

30

22

16

14

14

 

小3

 

81

69

54

50

37

32

 

 

これを見て、我が奥様は

 

「この半年で、みんな超頑張れるようになったな♬」

 

と嬉しそうに言っていた。

 

 

理由は「青い数字」にある。

 

 

この青い数字で書いたのは

 

ついここ最近に入塾したばかりの子達だ。

 

つまり

 

それ以外の子達は、6月のプレスタート時から

 

コツコツと難問と戦ってきた子達なんだ。

 

 

最初は本当に「チンプンカンプン」だった子も多い。

 

 

でも

 

 

週1回とは言え、見たこともないような問題と

 

一生懸命戦ってきた。

 

 

質問しようと思って必死に手を挙げても

 

「自分でもう一度考えてごらーん」

 

としか言われなかったり、

 

ちょびっとのヒントしかもらえなかったり。

 

そんな環境の中で

 

それまでの学習レベルには差があっても

 

学年ごとにみんな同じ問題に挑んできた。

 

その結果が

 

ちゃんと数字に出てるでしょ。

 

 

「でも、順位的には低い・・・」

 

って思うかもね。

 

でも

 

きっと学校の授業のレベルは

 

「超簡単!!」

 

って思てるはずなんだよね。

 

 

 

 

いいね。

 

子供の成長は

 

環境さえ整えれば、着実なものになるんだ。

 

 

このプレの環境

 

ちょっと体験してみたいかな・・・

 

と思う方は

 

 

majimania55@i.softbank.jp

 

 

コピペしてメールください。