川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

みんなが通っていく道

 

川高川女も

 

浦高浦和一女も大宮も

 

東大も一橋も早稲田も慶應

 

みんな松江式フォニックスを通って行った。

 

そのうちみんな、なんとなく読めるようになっていく英単語

 

ローマ字みたいな感じでしょ?

 

なんとなく読めるじゃん

 

そうやって

 

「なんとなく」で英語を読むということを

 

通過していく日本の英語教育

 

そこに「きちっとした読み方」を吹き込む。

 

「いずれ読めるようになる」

 

の前に、英単語を怖いと思う状況を取り除くこと

 

これが、英語先取りには絶対に欠かせないんだと思うよ。

 

今日の3人には

 

それが伝わったかな。

 

もちろん、

 

来年3月からの新中1授業も

 

そこからスタートしていく。

 

新年度の英語カリキュラムは

 

とにかく全てが「鬼」

 

だからこそ

 

松江式フォニックスの威力が発揮できると思うよ。