川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

不登校の子も参加できるのが大きい

6月からの

 

オンライン併用松江塾

 

これに関しては、

 

実は「不登校の子達」への新しい学力向上への道をでもある。

 

そもそも、松江塾がzoomによるオンラインを考えたのは

 

新型コロナなんてこの世界に存在しなかった時なのである。

 

当時、ちょっと体調不良で塾に来れない子が何人かいて

 

でも、その子たちは松江塾が大好きで辞めたくはない。

 

でも、塾に行けない…

 

そこで考えたのが

 

授業中継

 

でも、あの当時はまだ「zoom」なんて

 

一部の人しか知らない状態。

 

初めてその子とzoomで繋がった時は

 

なんか、

 

感動したよね

 

画面越しだけど、

 

一緒にいる感覚

 

それを感じたからね。

 

でもね

 

やっぱり、ちょっとだけタイミングが違ったのかな

 

「オンライン」に対するハードルは高かった。

 

通信環境や通信機器の違いも大きいし

 

ネット環境は常時万全ってわけでもないからね。

 

やっぱり無理かな…

 

なんとなく暗礁に乗り上げたままの状態になっていた時に

 

「謎のウイルス」

 

という言葉が聞こえて来て、

 

そして今にいたる。

 

世の中が大きく変わった

 

 

これを感じなかった人はいないだろう。

 

 

「オンラインはちょっと…」

 

なんて、誰も言ってられなくなったよね。

 

生徒たちもスマホを持つ子が増え、

 

家庭でもWi-Fi環境が整備され

 

かなり細部にいたるまで、世の中が変わった。

 

いや

 

変われるんだってことを

 

多くの人が知ったんだ。

 

 

もちろん、松江塾もそこに対応した。

 

 

僕は特にICTに詳しいわけじゃない。

 

いちいちググったり、爆裂会議の塾長達に聞きながら

 

今松江っ子達に必要だと思う仕組みを整えてきた。

 

 

そして

 

なんとなくだけど、

 

「再開」への明るい空気も出始めた。

 

 

次へのステップ

 

 

これだよね。

 

 

でもね

 

 

僕の頭の中に

 

一番大きく存在してるのは

 

 

やっぱり最初の最初

 

 

「通いたくても通えない子達」

 

 

ここに戻るんだよね。

 

世の中は

 

オンラインを「当たり前」のものとして

 

捉えるようになった。

 

 

今後、何かにつけて

 

「それ、オンラインで良くね?」

 

という言葉が増えるだろう。

 

 

お金払って会場借りて、そこで集まって打ち合わせとか

 

そういうのは、いち早く「オンラインで良くね?」

 

ってなるよね。

 

 

PTAの役員ごとの会議とか。

 

 

もう、全国の小・中学生のママ達は

 

今ごろ首を縦に振りまくってるよね笑

 

 

もう、あれこそ本当に

 

「それ、オンラインで良くね?」

 

だからね笑

 

 

おお

 

話が逸れた笑

 

 

ということで、

 

松江塾がオンライン併用をしようとした原点に戻るよ。

 

 

不登校の子達

 

塾に行きたくても行けない子達

 

でも、がっちり上位を目指して学力を向上させたい子達

 

その子達のために

 

松江塾は動く。

 

 

もし今、そういう環境を望んでいる人がいたら

 

majimania55@i.Softbank.jp

 

コピペしてメールくださいな。

 

 

6月1日以降、2週間無料で体験できます。

 

こういうことも全てリアル対面の子達と同じね。

 

 

お待ちしてます。