川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

その経験があるだけで違うよ

昨日は指定校推薦合格の報告がたくさんあった。

 

これからも続々と報告は来るだろう。

 

高校入試の時は内申や北辰テスト結果によって

 

行く高校のレベルは違うが

 

結局高校3年間の頑張りで

 

みんな凄い大学に進学していくね。

 

そんな松江っ子たち。

 

「高校3年間の頑張り」

 

とは何だったのか。

 

これは断言できるが

 

自学

 

これだ。

 

松江っ子には、中学生の頃から

 

いや

 

小学生の頃から

 

「自分で学べ」

 

と常に言い続ける。

 

毎週のペナテスト

 

その前には必ず自学時間を設ける。

 

定期テスト前も。

 

爆裂、ね。

 

中3の後半ともなれば

 

「ほぼ自学」

 

と言っても過言ではない。

 

高校入学前には

 

1日10時間の勉強は「当たり前」になるのだ。

 

そんな松江っ子。

 

高校入学までに「指定校推薦」という言葉をめちゃくちゃ聞くことになる。

 

僕らから笑

 

とにかく、一般入試は茨の道。

 

あ、国立は除いて、ね。

 

今年も国立チャレンジ組が

 

5人くらいいるから。

 

で、とにかく「高1の1学期の中間考査が大事!!」

 

と伝え続ける。

 

その結果、

 

松江っ子達は中学時代に手に入れた「自学力」をしっかり発揮できるんだよね。

 

結局、自分の学力を上げるには

 

自分で頑張る!

 

という方法でしか上げられないってことを

 

知ってるからなんだよね。

 

僕ら塾の先生はさ

 

目の前の生徒の学力を上げよう!

 

そう思えば思うほど

 

「何かやってあげなきゃ!」

 

って思う生き物。

 

でもね

 

その結果、誰かに何かやってもらわなきゃ

 

成績を上げた経験のない子が誕生してしまう。

 

それだと

 

高校ではキツいんだよ。

 

マジで。

 

「さ、やるか!」

 

この気持ちをすぐに行動に移せる子になってもらわないと。

 

 

自学大事

 

ねー