川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

時間かけないといけない子、いるよ。

今回、テストが早く行われた中学がいくつかある。

 

その中学の子達の中で

 

大きく点を伸ばした子がいる一方で、大きく下げた子もいる。

 

あ、ちなみに初雁中の1年生は点数下がっても順位変わらない子も多いと思うよ。

 

スーパー高得点の子達があんまりいないはず。

 

初雁中じゃないけど、

 

440点台で学年2位取った子が過去にいたしね。

 

こればっかりは点数だけで判断はできないよ。

 

でもね

 

それを考えても、どう見ても下がったよね?

 

と断言できる子達が何人かいる。

 

 

 

2パターンに分けられるかな。

 

まずは、勉強を頑張る!という行動、それを引き起こすまでの「欲」や「危機感」が持てなかった子達。

 

この子達については、まだまだ周りが働きかけていかないといけない。

 

もしくは、その子の内面的な成長を待たなければならないかもしれないね。

 

もう一方の子達は

 

定着までに時間が必要な子達。

 

欲も危機感もある!勉強に取り組む姿勢も行動も文句なし!

 

それなのに、点が低い。

 

この子達はね、もっと「時間と量」が必要な子達。

 

いるよ

 

間違いなく、大勢いる。

 

どんなことにだって、そういう個人差はあるよ。

 

自分が

 

自分の子が

 

そういうタイプなんだ、って分かった時

 

 

少し残念な気持ちになるよね。

 

 

でもね

 

 

それは違うよ。

 

 

時間と量が必要なタイプなら

 

 

早く始めて、長くやればいいじゃん。

 

 

それで解決できるんなら

 

 

それで良くない?

 

 

てか、解決しなくちゃ!

 

 

でしょ?

 

 

でね、

 

 

そういうタイプの子達

 

 

コツコツ

 

コツコツ

 

 

頑張るとね、

 

 

少しずつ必要な時間と量が減ってくるんだよ。

 

 

 

これはもう

 

 

間違いないから。

 

 

 

おいおい

 

 

 

こっちは何百人の生徒を「見て」きてると思う?

 

 

 

間違いないよ。

 

 

だからね

 

 

ヤキモキ

 

 

イライラ

 

 

してる時間があったら、

 

 

 

期末テストの勉強始めてみない?

 

 

 

てか

 

 

 

始めなさいよ。

 

 

 

そこに君の活路がある。