川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

川越高校の「それ」が判明

先日の記事で書いた、

 

さいたま市の子がどれだけ川越高校に通ってくるのか

 

という記事に

 

早速松江塾保護者が情報をくれた。

 

現役川高生の保護者である。

 

それがこちら。

 

 


川高の役員名簿(30年度)からおおよそを換算すると、
川越市内25%
坂戸鶴ヶ島越生毛呂11%
山嵐山方面8%
さいたま市11%
所沢入間狭山16%
富士見市ふじみ野三芳16%
朝霞和光市志木新座東京13%

 

 

僕の推定値よりも、さいたま市からの通学者、若干多い。

 

文化祭実行委員は激務。

 

駅から川越高校までの距離を考えると

 

通学に時間のかかるさいたま市の子は

 

実行委員は回避、ということか。

 

なるほどなるほど。