学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

高校部への問い合わせが増えてきた

ここ最近、主にメールで高校部への問い合わせが増えてきた。

 

その殆どの方が

 

「高校生になってから、全く勉強しなくなってしまった。松江塾の環境があれば自学できるはず」

 

という内容なのだが

 

何度も書いている通り、全てお断りしている。

 

中には「お金をお支払いすれば大丈夫ですか?」という方もいるが

 

そういう問題じゃないんだよね。

 

お金は3年間、1円たりとも貰わない。

 

維持費

 

管理費

 

教材費

 

そういうものも一切貰わない。

 

「完全無料」だ。必要なのは

 

お金ではなく、「僕らとの信頼関係」なのだ。

 

今年の春、成蹊大学に進学した子は

 

小1から松江塾に通ってくれていて、今もバイトで来てくれている。

 

ということは、松江塾歴13年目、ということだよね?

 

さすがにここまで長い子は少ないが

 

殆どが小6からの入塾。

 

高校生になるまでに3年、4年という時間を僕らと過ごしている。

 

松江塾は先生の交代というものがないので

 

ずっと同じ担任の先生、みたいな感覚なんだよね。

 

特に中3はほぼ毎日来るから、親よりも長く一緒にいることになるよね。

 

その濃密な時間の中で、どうしたって「信頼関係」が出来上がる。

 

「お金を払えば」ということじゃないのは分かって貰いたい。

 

さらに、「松江塾に通えば自学ができる」と考えるのも大きな間違い。

 

おそらく中学時代に他塾に通っていた子は

 

高校部から松江塾に来ても、絶対に自学はできない。

 

中学時代の塾で自学の経験が豊富でも、おそらくは「強制力」と「監視」と「管理」の中での自学だろう。

 

松江塾の自学は、中学時代から「放ったらかし」である。

 

一応、爆裂期間は定めるよ。

 

でもね

 

開始の合図なんて、滅多にしない。

 

必要ないから。

 

勉強内容の指示もない。

 

ただ、各自が自分の目標に向かって、今やるべき勉強を判断して取り組むだけ。

 

意志と欲が強ければ結果は出るし

 

弱ければ結果は出ない。

 

意志と欲の弱い子には、こちらが何をやっても結果は出ないから。

 

だから、なにも強制しない。

 

でも、「何でこんなに簡単な内容なのに点数取れないの?おかしくない?ん?」

 

というプレッシャーは、お釣りがくるほど与える笑

 

そういう中学時代を過ごしていないと

 

1000%完全放置の高校部では絶対に自学できないでしょ?

 

小学生や中学生の時の塾選びのタイミングで

 

道は大きく別れちゃってるんだよ。

 

あっちのルートを進んだ子は、高校生になったからと言って、こっちのルートには戻れない。

 

これ、子供が高校生になったら嫌というほど実感できるから。

 

それくらい

 

「依存勉強」と「自立勉強」は

 

世界が違う。

 

ジャンルが違う。

 

高校部を創設した当時は、外部の子だって入れたんだよ?

 

でも

 

その子達を見て

 

「あー、ここまで違うんだ」って、はっきり分かったんだよね。

 

だからこそのお断り。

 

申し訳ないが、ご理解くださいね。