学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

英語が強いと公立受験は本当に楽になる

英数に学校選択問題が採用されて3年が経過した。

埼玉はもともと数学が難しかったが、

学校選択問題になってからは、英語の難易度が格段に上がっているように感じる。

文法に関しては学校準拠で十分対応できる。

単語は教科書以外からもバンバン出るが

これに関しては大量の注釈が文の最後にあるので対応可能。

しかし、

問題は長文の長さである。

単語力がないと、いちいち読みながら注釈に目を向け意味を確認して読み進めることになる。

そうなると、1.5倍から2倍の時間がかかる。

しかも、自分が分からない単語が注釈に意味が書いてあるかも分からない。

大量の注釈の中から探し出し、あればラッキー。なければそれこそ時間の無駄

結果として、英語は時間内に終わらない、という子が本当に多くなった。

この流れは今後も変わらないだろう。

どうすればいいか。

可能であれば、3年になる前に文法は全て終わらせる。

教科書の和訳や語句暗記も、学年に関係なくどんどん進む。

そして同時に英検の準二級程度の英単語や熟語をペナテストとして盛り込んでいく。

3年の夏には「英語はもうたまに解いて感覚をキープする」くらいになっておけば

2学期は理社の徹底暗記に時間をたっぷり使える。

これ以外に対応策はない気がする。

今の中学生が大学受験の頃には

英語の重要性も難易度も格段に上がるだろう。

殻を一つ、二つとぶち破って変えていく。

とりあえず、全学年ガンガン進む!