学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

東大A判定って、どんな子達か

現在高校部には

 

駿台模試東大A判定

 

という凄まじい結果を出している子がいる。

 

この子だけじゃなく

 

一橋A判定

 

東大B判定

 

早慶A判定

 

なんていう子達が複数いる。

 

メディアにも東大生は出るし、「あの人は東大卒」なんて良く耳にするけど

 

実際に東大生って、身近にはいないよね。

 

高校生の段階で東大A判定という子も

 

実際に会うことなんて、まずないはず。

 

いったいどういう子たちなんだろ

 

興味あるでしょ?

 

今、僕の頭に浮かんでいるのは4人。

 

他にも受ければそういう結果を出すだろうな、という子はいるけど

 

駿台模試の報告を受けていないので4人だけについて書いてみる

 

この4人、浦和、大宮、一女、川越のどこかに在籍中。

 

中学時代は全員「学年1位」を複数回経験している。

 

そして、北辰偏差値は「70」を下回ることがなかった。んー、1人だけ一回69台をだしたかな?

 

まあ、4人の平均偏差値は「73」くらいのはず。

 

受験前も自己採点報告後も、なんの不安も心配もない受験。

 

それこそ風邪ひいてても受かるだろうなっていうレベル。

 

入学後は全員が「文化部」に入り、

 

そして定期考査はほぼ毎回、学年上位10%に入る。

 

そして何より、入学後の勉強のやり具合が凄い。

 

「毎日机に向かう」

 

なんてレベルじゃない。

 

4人のうち、2人はAコース在籍。

 

1日も休むことなく塾で頑張っている。

 

高校部が新しい仕組みになる前から、ほぼ毎日。

 

「いつもいる」

 

「いつも勉強してる」

 

そんな印象だった。

 

残る2人は学校が自学場所のメイン。予備校もなし。

 

この2人は東大A判定、B判定だ。小5から松江塾に在籍。

 

学校の授業後、部活がある日は部活後、そのまま学校に残って毎日勉強。

 

彼らの高校は「不夜城」だから笑笑

 

学校のない日は塾に来て勉強。

 

僕が朝の8時くらいに行っても、すでに勉強している。

 

昨日ももちろんC館で勉強していた。

 

もう、とにかく勉強!いつも勉強!

 

「やる気が…」

 

なんて言葉、彼らの口から聞いたことがない。

 

中学時代も今も、あ、1人だけいっとき相談されたことはあるか笑笑

 

でも、ほとんどない。

 

 

そんな子達が、またさらにさらに頑張って

 

倍率3.5倍とかの戦いに挑んで合格する。

 

それが東大や一橋。

 

ちなみにA判定の子

 

僕が「凄いじゃん!」ってLINE送ったら

 

「しかしながら右後ろには学年2位全国28位、1組には全国1位がいらっしゃると聞くといささか素直に喜べないです......。
2年後に勝てるようにまだまだ頑張ります。」

 

だとさ笑笑

 

凄い環境だよね。

 

今、松江塾の小中学部で頑張っている子達。

 

高校でこういう環境を手にするために

 

今頑張ってるんだからね?

 

そこからの逆算で

 

目標を細分化していくと

 

今頑張るべきは「今日のペナテスト」なんだからね?

 

当然この4人

 

ペナテストごとき、まず滅多に落ちなかった。

 

この中の1人は小学生時代、毎朝5時に起きてペナ勉をするっていうのが習慣だったから。

 

そこまでやらなくても受かる?

 

いやいや

 

塾生ならあの木札を見たことがあるでしょ?

 

「ペナテスト合格率100%」

 

あれよ。あのレベル。

 

目指してごらん。

 

東大への道は、今日のペナテストから繋がってるんだよ。