川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「英語が苦手」で高校生になるということがどういうことなのか具体的に想像してみよう

 

中学生で英語が苦手になると、高校生になってからどういうことになるのか。

 

それ以外の科目でカバーして受験を乗り越えたとして

 

それで「晴れて入学!」「気持ちを新たにスタート!」となるのかどうなのか。

 

 

 

うん

 

 

なるわけないよね

 

 

英語は「新たにゼロから高校英語!!」ってならないから。

 

 

関係副詞だろうが分詞構文だろうが強調構文だろうが

 

 

全て中学英語が土台にないと

 

 

これまた「無限暗記」が待っているだけだから。

 

 

 

中学で英語が苦手になると、高校でどうなるのか。

 

 

 

そうだな…

 

 

 

具体的にイメージすると…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタート直後に両足のアキレス腱が切れることが100%確実な状況で100メートル走のスタートラインに立つこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見るまでもなくアニサキスがうようよついているカツオの刺身を食べること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイヤのホイールのネジが完璧に緩み切った状態の車に愛する家族を乗せて高速道路にのること

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全目隠しをして100メートルの平均台の上に立つこと

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫌な想像ばかりさせてしまって申し訳ない!

 

 

 

しかし

 

 

 

これが現実なんだよ。

 

 

 

この現実から目を背けちゃいけないんだよ。

 

 

 

正直、他の科目はできなくても大学は大丈夫。

 

 

 

でも

 

 

 

英語は文系でも理系でも必ず「しっかりできる状態」が不可欠なんだから!

 

 

 

上に書いた「想像もしたくない」という現実から逃げちゃだめ。

 

 

 

ダメ、絶対!!