川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

誰かができること

 

例えばね、

 

大谷翔平が160キロの球を投げられて、さらにホームランをバンバン打てるから、

 

「君も二刀流でメジャー行けるよ!」

 

とか?

 

ボルトが9秒台半ばで100メートルを走れるからといって、

 

「君も10秒切れるよ!」

 

とか?

 

 

そういう次元で言ってるわけじゃなくて、

 

「教科書の25ページ分が試験範囲だよ。全部読んで理解して、覚えて、90点以上目指してごらん。そのために練習用や確認用のワークもあるから。」

 

って言ってるんだよ。

 

 

これ、大谷翔平やボルトを目指すほど難しいかな

 

しかもね、明日いきなりテストだよって言われてるわけじゃないんだよ?

 

準備期間は3週間近くもある。

 

さらに、全部最初から自分で読んで理解しろって言われてるわけでもない。

 

内容は全てほぼ毎日少しずつ噛み砕いて説明してくれてるんだよ?

 

大谷翔平レベルなの?

 

ボルト級の難しさなの?

 

 

違うよね?

 

 

さらにそれで結果は数字で出され、なんと順位までついちゃってさ

 

どうなの?って話よね。

 

誰かができることは、きっと自分にもできる。

 

そしてその「できること」の大変さは

 

おそらく自分自身が分かってるはずなんだ。

 

 

やっても多分無理なことと、

 

やれば多分できること

 

 

さらにやらない自分がその都度怠け心に負けてるってことも自覚あるよね?

 

 

その積み重ねで、人生で手に入れられるものに大きな差が生まれるってこと

 

 

もう何度も言われて分かってるよね?