川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

人生がマラソンじゃつまらない

 

だってさ、それじゃずっと大変じゃん?

 

 

ゴールしたってさ、達成感と同じくらい疲労感と解放感しかないし

 

それを人生に重ねたら「死」ってことでしょう?

 

それじゃあまりに救いがないじゃん?

 

そんなことをボーッと考えながらゴミ出しをしていたら

 

ふと湧いた。

 

大変だけど楽しくて、ところどころ立ち止まって休めて、そして最後が近づくと寂しさも感じるような

 

そんなものを例えられるものって何かな…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動会じゃね?

 

 

 

 

 

親が早朝から場所取りとご飯の準備をして

 

 

つまり、お膳立ての大半は親がして

 

 

そこに僕らは乗り込んで行って、

 

 

いろんな種目があって、時には自分が主役になって参加する競技があって

 

でも、人がやってるのを見てるだけの時もあって。

 

関係ない時は友達とふらふらで歩いて

 

集合かかってまた競技に出て順位がついて

 

 

でも、その順位は特に大きな意味はなくて

 

 

家族と美味しくお昼ご飯を食べて

 

 

自分の活躍を褒めてくれて

 

自分のミスを笑われて

 

動画撮ってもらって

 

嬉しそうな顔をしてもらって

 

お腹いっぱいになって

 

そして折り返し

 

残された競技も少なくなるけど、でもまだ楽しい

 

 

朝からずーっとわちゃわちゃして楽しい。

 

 

でも、ずっと外にいるから心地よい疲労感も感じ。

 

 

そして最後の競技

 

 

 

あー、これで終わりかー

 

 

なんて思いながら寂しさも感じ。

 

 

最後に得点発表とか?

 

 

 

赤が勝った、白が勝った

 

 

それは嬉しいけど、まあ、だからと言って自分に何か得や損があるわけでもない

 

 

 

で、校長先生の話聞いて終わり

 

 

 

解散

 

 

 

 

 

たった1日だけど

 

 

何だかとんでもない特別な1日。

 

 

 

あれこそ、人生を凝縮したもんなんじゃない?

 

 

 

 

そう考えたら、きっと今日もなんだか楽しいし、頑張れるんじゃないかなー

 

 

 

 

人生、マラソンか?

 

 

 

辛い上り坂もあれば、楽な下り坂もある?

 

 

 

いやー

 

 

どっちにしても辛くない?

 

 

 

 

もっと違う考え方やたとえがあってもいいと思って書いてみた。