川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「盛る」子は絶対に伸びない

 

僕は自己採点結果を聞くと

 

「あること」

 

に着目する。

 

その子が今後伸びていくのか、伸びないのか

 

それが分かるポイントがあるからだ。

 

保護者の方もそこに着目してみるといいだろう。

 

「自己採点と本当の点」

 

この点数差だ。

 

本当は60点なのに、72点と報告する。

 

これについて問うと

 

「自分の答えを忘れた」

 

「記述で採点が甘かった」

 

と答えることが多いだろうが

 

実はもっと根は深い。

 

要は「盛った」のである。

 

本当は60点か、もっと低いだろうことは

 

自己採点をした時点で自分では分かっているのだ。

 

しかし

 

報告するときの自分を飾る。

 

数週間後には結果が返却され、本当の点数は明らかになるのに。

 

この「盛る」感覚に慣れてしまった子は

 

外見を取り繕うことに意識が向く。

 

つまり本当の自分の実力と向き合わず、

 

パッと見だけを良く見せようと考えるわけだ。

 

こういう子達は絶対に伸びない。

 

絶対に。