川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

この時期になると思いだす②

 

さて

 

状況を整理しよう。

 

高2

 

2学期

 

考査初日の朝

 

川越市駅周辺

 

自転車はスクラップ

 

僕は無傷

 

 

 

 

僕がとった行動は…

 

 

 

 

 

僕の通学手段をスクラップにした車に歩み寄り

 

 

 

運転席横から運転手に声をかけた。

 

 

 

 

「今日、テスト初日なんです。遅れたくないので車で送ってください。」

 

 

 

もし今、僕が逆の立場で

 

 

その運転手だったら

 

 

どう行動するだろう…

 

 

 

 

 

 

 

人を轢き殺しかけ、

 

 

自転車をスクラップにし

 

 

 

周りには大勢の目撃者

 

 

轢いた相手からドライブのお誘い

 

 

 

 

 

 

カオス

 

 

カオス

 

 

カオス

 

 

カオス

 

 

 

 

頭の中、ぐっちゃぐちゃになるんじゃないか?

 

 

 

 

 

東上線の踏切が開き、

 

 

 

 

 

僕は爽やかな顔で助手席に乗り込む。

 

 

 

 

半ば強制的に

 

 

 

 

有無を言わさず。

 

 

 

 

 

そこから20分ほどのドライブ

 

 

 

 

 

人身事故の加害者が運転する車で

 

 

 

助手席には被害者

 

 

 

向かう先は

 

 

 

 

警察や病院ではなく

 

 

 

高校♫

 

 

 

 

だってテスト初日だから。

 

 

 

 

 

僕は運転手に免許証を見せてくれるように言い

 

 

 

なんとも言えない顔をしている運転手から免許証を受け取り、

 

 

その内容を生徒手帳に書き写し

 

 

 

免許証を返し、

 

 

自分の連絡先を書いて渡し、

 

 

 

 

そして教科書を開いた。

 

 

 

運転手「ごめんね?」

 

 

 

僕「…」

 

 

 

運転手「身体、大丈夫?」

 

 

 

僕「…」

 

 

 

運転手「今日、テストなんだ…」

 

 

 

僕「はい」

 

 

 

運転手「ごめんね?」

 

 

 

僕「間に合いそうですか?」

 

 

 

運転手「間に合うと思うよ」

 

 

 

詳しくは覚えてはいないが

 

 

 

多分、こんな会話のやり取りが行われたと思う。

 

 

 

降りる前に気づいたのだが

 

 

 

その運転手の人、左足にごっついギプスをしていた。

 

 

骨折かな?

 

 

多分、その左足が邪魔だったのか

 

 

 

不自由な思いをしていてイライラしていたのか

 

 

 

まあ、車の目の前をのんびり走っていた僕も悪いんだけどね。

 

 

 

学校に着き、

 

 

 

教室まで歩いた。

 

 

 

教室のドアを開けて

 

 

 

友達の顔を見た瞬間

 

 

 

信じられないくらいの汗が吹き出し

 

 

 

心臓が爆発しそうなくらい拍動し

 

 

 

身体に震えがきた。

 

 

 

 

その状態は1時間目のテストが始まっても収まらず

 

 

 

その教科はいろんな意味で終わった笑

 

 

 

2時間目以降は普通に戻り

 

 

 

初日は終了。

 

 

 

途中の休み時間に、学校の公衆電話から自宅に電話をかけ

 

 

事情を報告。

 

 

 

帰りはバスで帰ったのかな?確か。

 

 

 

帰宅すると

 

 

 

運転手の人から花が届けられていた。

 

 

 

その後、どういう感じでその件が処理されたのか

 

 

警察に連絡したのか

 

 

あのスクラップ自転車がどうなったのか

 

 

 

テスト2日目を控えた僕にとっては

 

 

 

大したことではなかったのか

 

 

 

もう覚えていない笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝、自転車に乗って学校に向かう高校生を見ると

 

 

 

 

たまに思い出すんだよね。

 

 

 

 

 

 

あの運転手の人

 

 

 

今は60代くらいかな…