川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

それでも部活を止めない学校へ

 

浦和高校の3年間は

 

物理的な距離感覚を狂わせる。

 

彼らにとって

 

「8キロ走る」

 

とは、毎日の体育であり

 

「起伏の激しい山道を10キロ走る」

 

とは、毎年春に行う新入生歓迎マラソンであり

 

「42.195キロ走る」

 

とは、1週間の体育の総走行距離であり

 

「県をまたいで50キロ走る」

 

とは、毎年晩秋にやる古賀マラソンのことである。

 

特にこの古賀マラソン

 

「50キロ?近いじゃん。走れば6時間で着くよ」

 

という、おかしな距離感を植え付けられる。

 

 

そんな環境で育ったゲラおは

 

一橋大学まで自転車で行くために

 

自転車を購入。

 

何せ川越から一橋大学までは25キロ「しか」ない。

 

チンタラ走って行っても3時間「しか」かからないから

 

自転車なら1時間程度で着く、と。

 

おいおい…

 

 

 

まだ大学は対面授業が始まっていないから

 

実際に行ったことはないのだが

 

秋からの対面授業は、おそらく鼻歌まじりで自転車登校するのだろう。

 

 

そんなゲラおの自転車

 

ちょっと借りて走ってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20分が限界だったよね。

 

 

 

汗をかくとか、

 

暑いとか、

 

 

そういうレベルじゃない。

 

 

 

頭がぼーっとしてくるんだよ。

 

 

ヤバイって。

 

 

 

この暑さの中での部活

 

 

 

 

熱中症で脳みそやられるってば。

 

 

 

 

水分摂れば、とか

 

 

多分、そういうことじゃないんだと思ったよ。