川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

よく聞く話の現実

トップ校に進学したのに、「え?」と思うような大学に進学する子達の話

 

 

「部活に力を入れ過ぎた」

「ゲームにハマった」

「高校受験で燃え尽きた」

「遊び過ぎた」

「他にやりたいことが見つかった」

 

 

似たような話は必ず聞いたことがあるはずだ。

 

 

分かりやすく数字で書くとすれば

 

 

偏差値70で高校に入ったが、

 

3年後には偏差値50にまで下がった

 

 

そういうことだよね?

 

 

 

その学力低下

 

何かしらの「言い訳」をしてるってことだ。

 

 

 

ここに何が現実として存在するのか。

 

 

 

 

結局はね

 

 

高校に入るまでに、

 

「勉強を頑張る!」という能動力と行動力、継続力の種を

 

自分の中に作れなかった、ということだと思う。

 

 

何度も書いているが、

 

公立高校であれば、トップ校に入ることはそれほど難しいことではない。

 

 

ある程度の早期から、目標を定めていけば

 

合格するためのルートは何本もある。

 

 

倍率だって2倍を超えることは、まずない。

 

その中には無謀なチャレンジャーもいる。

 

 

となれば、キッチリ戦略を立てれば

 

圧倒的に合格する可能性の方が高いのだ。

 

 

もちろん、100%ということはない。

 

 

しかし

 

 

それが公立高校受験というものなんだ。

 

 

 

 

 

 

 

大事なのは

 

 

高校受験を終えるまでに

 

 

必要な「種」を自分の中に植えること。

 

 

種がなければ芽は出ない

 

芽が出なければ

 

花も咲かない

 

もう一度書く

 

 

 

 

「部活に力を入れ過ぎた」

「ゲームにハマった」

「高校受験で燃え尽きた」

「遊び過ぎた」

「他にやりたいことが見つかった」

 

 

 

高校で下位に沈んだ原因は、こんなことじゃないんだ。

 

 

 

種を植えなかったこと

 

 

 

それが原因だ。

 

 

逆に、種さえ植えれば

 

 

 

高校は

 

 

 

どこでもいいんだよ。