学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

親はいつ「安心」できるんだろうか

子育て真っ最中の親にとって

「我が子の将来」への不安は尽きない。

いったいいつになったら「よし、子育ては終わった」と思えるのか。

そして、どの程度で「よし、望んだ以上の結果になった」と感じるのか。

僕の場合、まだ子育ては終わっていないと感じている。

夫婦揃って子育てが趣味みたいなものなので、

よく話に出るのは「早く孫が見たい」ということだから笑笑

きっと孫が生まれた瞬間が僕の子育てが終わる時なんだと思っている。

それに対して勉強を中心とした「不安」は

もうない。

娘の高校決定で完全に消滅した。

息子は浦和高校に入り、なんだかんだで上位に固定化できているし

精神面でも完全に自立、自律できているのが分かるから

どの大学に行っても自分の希望する道へ能動的に歩いていくことが明らかに見える。

国立大志望だが、浪人は絶対にしないそうなので

浦高に大量にいる、併願私立を受けない「東大特攻」はせずに、

私立大もたくさん受験するそうだ。

たとえ早稲田だろうが、明治だろうが

受かったところに行くと断言している。

少なくとも現時点ではそう言っている笑笑

それはそれで全然構わない。

なんだろね。浦和高校って、そういうメンタリティのある男になったし、もっとなっていくんだろうなって確信できるような

そんな男子にしてくれる環境なんだよね。

娘に関しては一般受験はせず、指定校推薦のみで行くことがほぼ決まっているコースなので

もう好きにさせる笑笑

将来の夢は「専業主婦」だから。

あんな感じの娘なので、専業主婦の大変さをまだ全く分かっていない笑

ただ本人が「みんなが知ってる大学に行って、キャンパスライフをエンジョイしたい」

と言っているので、もう完全に本人の希望を後押しするのみ。

最近、息子のことや娘のことを記事にすることが増えたのは

勉強や進路というものを客観的に見れるようになったからだと思う。

この「客観視」

完全に子供の学力や進路に興味のない親は最初から持っている。

完全に最初から他人事。

分かるでしょ?

そういう保護者、学校にもいない?

あー、授業参観とかにも顔を出さないから分からないかな。

子供の学力や進路に関して、誰かと比較することなく、冷静に客観的に見れるようになった時

それが「安心」できる時の一つの目安だと思う。