川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

「医者にだけはなるな」

 

父の高校時代からの友人が、自分の息子達に言った言葉らしい。

 

僕の父は地域トップの公立高校出身

 

で、理系クラス。

 

クラスには女子が5人しかいなかったが、一応共学。

 

そしてその5人の女子は全員医者になったそうだ。

 

男子も医者になる人が多かったようで、その中の一人が同窓会で言ったのが冒頭の言葉。

 

「この歳まで生きてきて、自分の好きなことは何一つできなかった。旅行にも行けず、ただただ人の身体を治してきた。そんな人生はつまらないだろうと、自分の息子たち3人は医学部には行かせなかった」

 

という。

 

もちろん、どういう形態で働くかによって違うだろうが

 

その道をひたすらに歩いてきた人の言葉だ。

 

そこにはある程度の真実もあるのだろう。

 

僕はガキガキの文系

 

ゲラおも同じ。

 

なし子は文系でも理系でもなく、勉強無理系。

 

だから医学部とは無縁だが、なかなか考えさせられる話ではあった。